マンション管理士 合格率と難易度

マンション管理士合格率8%の背景を探る!
「社会人のみなさんのマンション管理士合格ガイド」

マンション管理士は、2001年度に試験がスタートしたばかりのまだ比較的新しい資格です。
しかし国が有資格者の育成を急務としている国家資格ということもあるのでしょう。すでに広く認知されており、受験者の間ではかなり厳しい競争が展開されています。

事実、ここ数年のマンション管理士試験の結果を見てみますと、受験者数、受験者層、最低合格点、そして合格率…。
そのいずれの側面から検証してみても、試験開始から10年ちょっととは思えないシビアな、そしてこの資格に信頼を寄せるに値する結果が出ています。

マンション管理士の受験者は、例年9割が男性です。しかも働き盛りの30代・40代が受験者の中心層を占めています。
こう言っては女性の方には失礼かもしれませんが、家庭を守る立場にある一家の大黒柱が、自分の将来を賭して挑むのがマンション管理士の試験といえるでしょう。
理由は後述しますが、大の大人、大の男が、それだけエネルギーを注ぐだけの価値ある資格ということです。

当サイトでは、マンション管理士の合格率や難易度を切り口に、この資格の特長を検証しています。
またマンション管理士のきびしい合格率を突破する、有効な勉強法についても解説しています。

マンション管理士資格のホルダーとなって活躍している、2~3年後のご自身の将来像を、つよくイメージできる方は、ぜひ最後までお読みになってみてください。

>>出題範囲が絞り込まれた実績あるマン管教材→通信教育フォーサイト