マンション管理士 合格率と難易度

大手資格予備校ならではの充実指導!

 TACといえば、LECや資格の大原と並んで“三大資格予備校”のひとつに数えられる大手資格予備校。幅広く通学講座を手掛けるスクールではありますが、最近では受講生ニーズから、通信講座の展開にも積極的です。

◎ 長年の指導ノウハウに裏付けされたオリジナル教材
大手資格予備校ならではのリサーチ力と幅広い情報ネットワークを駆使して作成された自慢の教材は、長年の受験指導の集大成であると言っても過言ではありません。効率良く、合格に必要な知識を習得できる様、研究し尽くされた内容に定評があります。
マンション管理士通信講座で提供される講義は、いずれもTACが誇る実力派講師陣によるもの。重要ポイントに的が絞られた、分かりやすさ重視の講義で、難解な事柄も分かりやすく解説してくれます。

◎ 通信生であっても、通学生と同じレベルのサポートが受けられる
TACのマンション管理士通信講座は、サポート力の観点で他スクールとは一線を画します。インターネット上で疑問点を質問出来たり、スクーリングの機会が提供されたりなど、通信受講生であっても充実のフォローを受けることが出来ます。
また、板書事項は「講義録」として事前に提供されるので、学習時にはしっかりと講義視聴に集中することが出来ます。

◎ 通学メインのスクールは、通信の受講料も若干お高め
内容的には申し分ないTACのマンション管理士通信講座ですが、大手スクールの講座ということで、受講料の価格設定が他と比較すると若干高めである点がマイナスポイントに。通信講座で10万円台というと、なかなか気軽に受講を決断することは難しいでしょう。
最近では、通信専門校の講座を活用すればよりリーズナブルに、確かなクオリティの指導が受けられるようになってきています。質をとるか、“大手”という安心感をとるかは、受講生個々の価値観に委ねられることになりそうです。

>>TACのマンション管理士講座