マンション管理士 合格率と難易度

マンション管理士のテキスト、どうやって決めようか

マンション管理士の試験を成功させるには、テキストを選び間違わないことに尽きます。

マンション管理士の試験問題を解くには、非常に専門性が高い知識、ある意味でマニアックな知識がないといけません。それらが掲載されているのはやはり、この試験専用のテキストがダントツですから。

ただ、どんなテキストでもOKなわけではないですね。マンション管理士の試験がスタートしてから、あっという間にテキストの種類は増えたのだそうです。中には、ろくに期間や人的資源を投じずに発行している出版社や教育事業者もあるという噂です。

多色なテキスト

「多色」という言葉はあまり見かけないですが、マンション管理士の受験者になるのだったらこの言葉はとても大切です。つまり、テキストに数多くの色が使われているほうが得策だという意味です。
特に最初のうちは、テキストの文章をなかなか理解できないものです。しかし赤や青や緑や黄色だとか、目立つ色で区分けしてあると意外なほど助かります。大切な個所を見分けられますし、集中力が落ちてくることの予防効果もあります

余白が多いテキスト

余白が少ないということは、結局説明文でいっぱいということです。それでは辞書でも読んでいる気分になってしまいます。つまり、読む気が落ちてしまうわけです。
それから、メモ書きをするスペースがあるほうが何かと便利になります。

図・表・挿絵等が多い

文字だけでは説明し切れないことを、図・表・挿絵なんかで説明してもらうほうが絶対に身のため。そういう文字以外のものが効果的に使われているテキストは秀逸なテキストです。
>>出題範囲が絞り込まれた実績あるマン管教材→通信教育フォーサイト