マンション管理士 合格率と難易度

マンション管理士の過去問、どうやって決めようか

マンション管理士の過去問は、焼き直される問題が毎年たくさんある試験を受ける以上、なくてはならないものです。

というわけで、マンション管理士の過去問はテキストと同様に受験者は質の悪いものをつかまないようにする必要があります。受験をすると決めた時点で、過去問選びを間違ってはならないという大きなノルマを課せられているようなものですね。

解説の豊富さにこだわって選ぶ

マンション管理士の過去問は、今ではインターネットから簡単にダウンロード・印刷できる時代です。
手に入りやすくなっていますが、その分慎重に選ばないといけません。特に解説の量はその過去問の価値を大きく揺るがします。中には解説が少ない過去問も増えているようです。
なお大きな出版社や教育事業者が出しているものだからといって安心は禁物。各選択肢に関する解説が丁寧についているようなものを選ばないとおそらく後悔します

理想的な解答時間について明記してあるものはなおよい

マンション管理士の試験時間は、問題数と比べると恐ろしいほど短いです。
模試を受けると身に染みてわかるのですが、全問題を一生懸命に考える時間は全然ないです。速読をするスキルと、短時間で解答を導き出す思考回路がないと、合格はできません。
そのようなスキルや思考回路を養うには、普段から試験時間のことを意識して演習するべき。要するに過去問に問題を解く時間についてアドバイスが軽く書いてあると、それを目標にしてスピード解答をする演習ができるようになるのです。
>>出題範囲が絞り込まれた実績あるマン管教材→通信教育フォーサイト