マンション管理士 合格率と難易度

例年合格者数が、ほぼ1500人で一定している理由

ここでは、近年のマンション試験の試験結果を簡潔に分析してみたいと思います。
試験の難易度を推し量る上で、マンション管理士の場合も「合格率」を見ることは大切ですが、ただそれだけでは、この試験制度の真実は見えてきません。
管理人から、行政の思惑も加味しながらそのあたりの事情をご説明させてください。

■データ1<過去の試験結果>

年度

受験者数

合格者

合格率

合格点

平成17年度

26,184人

1,909人

7.3%

34点

平成18年度

21,743人

1,814人

8.3%

37点

平成19年度

19,980人

1,479人

7.4%

36点

平成20年度

19,301人

1,666人

8.6%

37点

平成21年度

19,120人

1,444人

7.6%

34点

平成22年度

17,704人

1,524人

8.6%

37点

平成23年度

17,088人

1,587人

9.3%

36点

平成24年度

16,404人

1,498人

9.1%

34点

平成25年度

15,383人

1,265人

8.2%

38点

マンション管理士の試験は、受験者数と合格者そして合格率の数字が、非常に安定した試験であることがお分かりになると思います。
数字をざっくり丸めてしまうと、「受験者数15,000~19,000人、合格者1,200~1,500名、合格率8%」の試験である、ということができます。

管理人はこれまで数年間、マンション管理士試験の動向を追ってきました。そしてひとつの傾向に気づきました。

それは例年合格率がほぼ「8%」で一定していることです。そのため毎年の合格点が34~38点あたりを行ったり来たりすることになります。試験問題が難しかった年には合格点は低くなり、簡単だった年には合格点が高くなるわけですね。

ここで大事な答えにたどり着きます。
「マンション管理士試験は、事実上は相対試験」です。相対試験とは成績上位の者を順に合格させる試験で、マンション管理士試験の場合は上から1500番目位までの受験者ということです。

なぜ毎年1500人の合格者を輩出する試験かといえば、それはやはり国がマンション管理士の育成を急いでいるからでしょう。とはいえマンション管理事情の適正化推進には、事が急務だからといって、合格者の水準を下げるわけにはいきません。そのあたりの均衡が意図的に計られているように思われるのです。

そのためマンション管理士試験は、レベルの高い水準で、安定した試験傾向を示しているということになります。

>>出題範囲が絞り込まれた実績あるマン管教材→通信教育フォーサイト