マンション管理士 合格率と難易度

マンション管理士試験について

【受験資格】
年齢、性別、学歴、国籍、実務経験など一切制限はありません。

【申込期間】
申込期間は9月上旬から下旬。

【試験日】
例年11月下旬から12月上旬の間に開催されています。

【試験時間】
午後1時~午後3時

【合格発表】
毎年1月中旬

【試験科目】
1.マンション管理に関する法令及び、実務に関すること
2.管理組合の運営の円滑化に関すること
3.マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること
4.マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
※詳細は「試験の出題分野」のページをご覧ください。

【出題形式と配点】
四肢択一マークシート式の筆記試験、試験問題は50問。

【合格基準】
マンション管理士試験に合格するためには、満点(50問正解)の60~70%の得点が目安になります。

【試験地】
札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市及び那覇市並びにこれら周辺地域(全国25会場)

【受験手数料】
9,400円

【申し込み先・方法】
受験に関する願書を(財)マンション管理センターの本部または支部(試験地)から入手の上、受験手数料を、財団法人マンション管理センターが指定する払込用紙を用い、郵便振替又は銀行振込により納付します。
※詳細は、財団法人マンション管理センターにてご確認ください。

財団法人 マンション管理センター
http://www.mankan.or.jp/
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-5-5 岩波書店一ツ橋ビル7F
TEL03-3222-1611(試験案内専用電話)

<ワンポイントアドバイス>
マンション管理士の難易度は高く、合格率の観点から見ると土地家屋調査士等と並ぶ難関試験です。宅建よりは難しく、社会保険労務士よりは易しいというレベル。合格者の勉強期間は半年から一年程度が一般的です。しっかりとした勉強をすれば1年でも充分合格が狙えます。

>>出題範囲が絞り込まれた実績あるマン管教材→通信教育フォーサイト